和ギャラリー秋風

イベントのご案内

真木テキスタイルスタジオ展
gangamakiから秋のお届け

会期:2017年10月26日(木) 〜11月9日(木) 11:00〜19:00
和ギャラリー秋風 ※26日・27日 真木千秋 在廊 ※11月6日休廊

真木千秋 略歴

1980年 武蔵野美短期大学工芸テキスタイル科卒業。
1985年 アメリカ・ロードアイランド造形大学テキスタイルデザイン科卒業 BFA(芸術博士号)取得
ニューヨークでテキスタイルデザイナーとして活動
ガテマラ・メキシコ・ルーマニア・ハンガリー・チェコスロバキア・インド・タイ・インドネシア・中国雲南省など染織が暮らしに息づく国々を歩く。
1989年 インドにて創作活動を始める。
1990年 東京・あきる野市に真木テキスタイルスタジオを設ける。
1996年 東京・青山に直営店オープン。
1997年 石垣昭子さん(西表島在 ・染織家), 真砂三千代さん(服飾デザイナー)と 真南風(マーバイ)プロジェクトを始める。翌年、ニューヨークで発表。
2006年 あきる野市の仕事場に直営店オープン。
2009年 北インドヒマラヤ山麓・Ganga工房を立ち上げる。
2013年〜 現Ganga工房近くに新工房を建設開始。
2017年 新 Ganga工房完成。

セントルイス美術館、ミネアポリス美術館に作品所蔵。
ドイツ・ブレーメン ノイエス博物館「デザインタイム」1994
イスラエル近代美術館「TEXTILE WIZARDS FROM JAPAN」
インド・ガンディー美術館
ニューヨーク・MOMA近代美術館

和ギャラリー秋風は「日々の暮らしを豊かに美しく」をコンセプトに 10のキーワードをものさしに!
「ひと」 「もの 」「こと」を紹介する場です。


1 美しいもの
2 実用本位のもの
3 健やかなもの
4 品位のあるもの
5 使って楽しいもの
6 神性の宿るもの
7 体になじむもの
8 手仕事でつくられたもの
9 伝統を受け継ぐもの
10 年月を経て美しくなるもの

アクセス

店舗名 和ギャラリー秋風
代表者 玉城 千秋
住所 〒901-2207
沖縄県宜野湾市神山1-18-8
営業時間 *イベント会期中以外は出張や制作の都合により留守にしておりますので、ご来店前にお問い合せ下さいますようお願い申し上げます。
駐車場 有り
電話番号 090-3322-9310
FAX番号 098-893-5160
E-mail tamaki@akikaze.jp
URL http://www.akikaze.jp

業務内容

きものデザイン・お誂え・着付け士
スタイリスト・着付け教室
琉球染織・工芸品・古美術
きもの染織品のライター
琉球の自生種による茶花の創作活動

これまでのイベント

真木テキスタイルスタジオ
布・衣・春 展
*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
会期:2017年3月4日(土)〜15日(水) 11:00~19:00
和ギャラリー秋風 ※真木千秋 4日、5日在廊

これまでのイベント

三原佳子 大人のきもの展
*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
会期:2016年 12月3日(土) 〜11日(日) 11:00~19:00
(きもの 帯 羽織 コート 袱紗 和装小物 )
和ギャラリー秋風 ※作家在廊日 3日・4日・5日

日本刺繍 三原佳子さんの沖縄 初個展です。
三原さんのお着物は、さりげなく 品良く
心やすらぐ美しい佇まいをつくります。
御来廊 お待ち申し上げております。
秋風店主 玉城千秋

これまでのイベント

丸山 正 × 久米島紬コラボ展
*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

沖縄会場:和ギャラリー秋風 2016年 10月6日(木)11:00 ~ 16:00
久米島会場:真謝ユイマール館 2016年 10月8日(土)9日(日)11:00 ~ 15:00

入場無料

Maru Factory 丸山正 グラフィックデザイナーを経て、1985年に染織家となる。
2000年秋のミラノでの個展で国内外の注目を集め、染織家としての地歩を固めた。素材づくりへの探究心は限りなく、布をさらに削る、叩く、擦る、穴をあけるなどして、自分の作品へとつくりこむ。こうしてできた布を人体にまきつけていくパフォーマンスを行うことで、布のもつ多彩な表情や可能性を見せる活動も行っている。今回は、久米島紬を使って巻き付けパフォーマンスを行い、久米島紬の魅力と可能性を観衆と共有したいと考えている。

URL http://maru-factory.jp


会期中は、久米島紬事業協同組合の協力により
◎ 質・技・美しさ・新しさ・全てにおいて厳選された逸品の展示。
◎ 久米島紬を代表する名人の作品が揃います。
◎全作品久米島での産地価格(市場価格の50%?30%OFF)で販売致します。
◎ 丸山 正がお見立てコーディネート巻き付けを致します。

これまでのイベント

丸山 正×久米島紬巻き付けパフォーマンス ー布と人体の奏でー
音楽 新良幸人×橋田ペッカー正人
*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

沖縄会場:和ギャラリー秋風 10月6日(木)17:00~
久米島会場:真謝ユイマール館 10月8日(土)17:00~/10月9日(日)16:00~


2016年 10月 6日巻きつけパフォーマンスに Ecco さんの出演が決まりました!

[演者プロフィール]
中西悦子 / 奈良県出身
4歳からピアノ、13歳からサックスを手にする。
10代の頃に出会った音 Earth Wind & Fire や Jazzから 衝撃を受け、音楽の道を志す。
23歳のころ、Cubaへ旅し、毛穴から音楽を吸収して帰る。

Roots music や民族音楽をこよなく愛し、ジャンルを飛び越え活躍中。
African、 Cuban、Reggae、沖縄民謡などの暖かい国との音と共鳴する。

パワフルでリズミカルなバイブレーション溢れる音、グルーブのプレイスタイルが持ち味・歌心溢れるメロディーメイカー。

自身のオリジナル曲「lsland Wise」は、どこにいっても愛される代表曲。
自由で柔軟なカリキュラムで、音楽とサックスの楽しさ、楽器とのお付き合いをナビゲートする、インストラクターとしても活躍中。

入場料 1,500円

染織家・丸山正が、即興で久米島紬を人体に巻きつけてゆく幻想的なパフォーマンス。
新良幸人とペッカー。二人のミュージシャンが奏でる音が心とまなざしをより深い世界へといざなう。

これまでのイベント

島の宝布 久米島紬展

*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

会期:2016年7月17日(日)~8月7日(日) 11:00~19:00
和ギャラリー秋風 ※*毎週木曜・金曜 休廊

久米島は、日本の紬の発祥の地。紬の故郷とよばれています。
久米島紬は、蚕からとった真綿を紡ぎ、島の草木、泥で染め伝統を踏襲し、一貫した手仕事で織り上げます。
地道な手仕事から生まれた布は、神々しい気品ある美しさを持ち古くから憧れの紬です。
久米島紬の上質感は、着るほどに心地良く、愛着が深まり、まさに島の宝布です。
平成16年国指定重要無形文化財に認定されました。

会期中は、久米島紬事業協同組合の協力により
◎ 質 ・技・美しさ・新しさ・全てにおいて厳選された逸品の展示。
◎ 久米島紬を代表する名人の作品が揃います。
◎ 全作品久米島での産地価格(市場価格の50%~30%OFF)で販売致します。
◎ 着物スタイリストがお見立てコーディネートのアドバイスを致します。
秋風店主 玉城千秋

これまでのイベント

大人のための夏の普段着展
トリエ 雪花絞りの浴衣・竺仙 夏きもの + 楽艸 下駄と夏草履

*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

会期:2016年5月21日(土)?5月31日(火) 11:00?19:00
和ギャラリー秋風 ※28日(土)?29日(日) 休廊

トリエの雪花絞りは、伝統工芸士の手で丹念に折り畳み染色することで表現された 雪の結晶のような柄と、ぼかしの美しさが印象的です。
浴衣、又は、普段着のきものとしてお召し頂けます。

江戸の老舗 楽艸
楽艸の履き物は、粋で洒脱な世界から上品で洗練された装いまで 理想の装いを完成させてくれます。
質、履き心地共に当代随一の工房です。
貴方だけの一足をオーダーメイドでおつくり致します。

きものスタイリスト 玉城 千秋がお洒落で洗練された 大人の夏着物のコーディネートのお手伝いを致します。
ご来廊お待ち致しております。
秋風店主 玉城千秋

これまでのイベント

manami展 ー 毎日が特別な日 ー × 刺繍の布展

*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

会期:2016年3月25日(金)?3月28日(月) 11:00?19:00
和ギャラリー秋風 ※25日?27日作家在廊

≪プロフィール≫
1974  東京生まれ
2008  かぎ編みを独学で始める
2013  野外イベントに出品
2014.06 個展 韓国ソウル:Gallery『hidden space』
2014.12 個展 山口県:Gallery『日日』
2015.02 個展 福岡県:Gallery『quona』
2015.04 個展 山口県:country kitchen zakka
2015.09 NewJewlry-plusイベントに出展 東京:CLASKA
2015.09 展示会 山口県:ロバの本屋
2015.10 展示会 福岡岩田ベントに出展 東京:3331 Arts Chiyoda
2015.12 iichi企画イベントに出展 東京:mAAch ecute 神田万世橋

これまでのイベント

日本の布の衣 一枚の布へ、還る服。
小川 昌美

*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

2016年2月26日(金)?3月3日(木) 11:00?19:00
和ギャラリー秋風 ※3月3日最終日17時迄

沖縄では織物がさかんであることを伺っており、いつか行ってみたいと思っていた土地でした。
このご縁で初めて訪れることができましたことを心から感謝しております。
無地の紬素材を使って仕立てたコート、ブラウス、スカート、パンツなど
トータルでお召しいただけるものをご用意いたしました。
また、お手持ちのお着物や反物からのオーダーメイドもいたします。
想い出のある布を衣服にしてお召しいただける機会となりましたら幸いです。
どうぞお出かけくださいませ。
日本の布の衣 小川 昌美

top